HOME > アミノ酸とは?医療現場で活躍するアミノ酸

医療現場で活躍するアミノ酸   L-システイン

医薬品として利用されているL-システイン

非必須アミノ酸であるシステインは、自然界ではL-システインの形で存在しています。L-システインは、食品添加物・医薬品・パーソナルケア製品などに用いられています。
 
L-システインは、体内では坑酸化作用(活性酸素の除去)があり、代謝を促進させてメラニン色素の生成を抑制したり、肝臓の解毒作用も持っています。これらの働きを期待して、皮膚疾患・抗アレルギー薬、放射線などによる白血球減少抑制する医薬品などの成分として使用されています。
また、美白・美容のサプリメントや、二日酔いの薬としても広く利用されています。
 
体内への吸収をより高めるためにアセチル化させた"アセチルシステイン"としても、サプリメントなどに利用されています。
  医薬品として利用されているシステイン
 
 

肝臓での解毒作用

直接的・間接的にアルコールの分解を促進
L-システインは、肝臓内での有害物の解毒作用を持ちます。
特に、アルコール分解の生成物であるアセトアルデヒドと直接反応し、解毒させるほか、肝臓内でアルコールを分解する酵素の働きを助ける効果も持っています。これらの働きを利用して、二日酔いの効能をうたった医薬品の成分として利用されています。
 
また、代謝を促進する働きがあるため、二日酔いによる倦怠感を解消する効果も期待できます。
  肝臓での解毒作用
 
 

シミ・そばかす・美白への効果

メラニン色素の生成を抑制
L-システインは、ビタミンCとともにメラニン色素の生成を抑制するほか、生成されたメラニン色素を黒色から無色へと還元する働きがあります。また、L-システインには、皮膚の新陳代謝を促進する働きもあるので、できてしまったメラニン色素を排出する効果も期待できます。
この3つの働きで、シミやそばかす、美白への効果を発揮します。
 
L-システインは体内でも合成することができますが、加齢とともにその量が減っていくと言われています。そのため、サプリメントへの期待が高まっているのかもしれません。
  シミ・そばかす・美白への効果