HOME > 会社概要沿革

沿革

1939年
山丸製薬として設立する。
1944年
日本理化学薬品株式会社に社名変更する。
1950年
天然タンパク質よりシスチンの単離抽出に成功する。
1953年
シスチンの量産開始する。
 
L−シスチンが育粉用ドライミルクの添加剤に採用される。
1962年
栃木県足利市に主力工場を建設する。
1971年
L−システインがパーマネントウェーブ用剤として厚生省よ り承認される。
1983年
DL−システイン並びにシスチンの製造特許を取得する。
1985年
(財)クリーンジャパンセンターより再資源貢献企業として会長賞を受賞する。
 
合成シスチンの光学分割に成功する。
1987年
米国FDA 第1回GMP審査を受ける。
1999年
新本社ビルが完成する。
2004年
ISO14001認証取得する。
2005年
ドイツ地方当局 第1回GMP審査を受ける。
2009年
ドイツ地方当局 第2回GMP審査を受ける。
2011年
韓国FDA 第1回GMP審査を受ける。
 2015年
米国FDA 第7回GMP審査を受ける。